症状に応じた薬|腸内環境を整えてダイエット|便通を良くして体内をスッキリさせる

腸内環境を整えてダイエット|便通を良くして体内をスッキリさせる

症状に応じた薬

サプリメント

便秘薬は腸に直接刺激を与えて排便を促します。便秘に悩んでいる人には必須アイテムになっていますが、どれを選んでもいいというわけではありません。便秘薬を使っても効果が見られないこともあります。そのため、便秘症状にあわせて便秘薬を購入して使用することがおすすめです。まず便意が全くこないことに悩んでいる人には便意を催す作用を持った便秘薬がおすすめです。便意がこないのは腸の機能が低下しています。これを弛緩性便秘といいます。女性の便秘の70%はこのタイプのものになります。特に、生理前になると便意が催さなくなることが特徴です。こうした弛緩性便秘には刺激性下剤を使用しましょう。これは腸の機能を活性化させて便意を催してくれる作用があります。

便が固いためになかなか排便ができないという人には、マグネシウムが配合されている便秘薬を飲むことをおすすめします。たとえば、酸化マグネシウムは腸内の水分を多くして便を柔らかくする作用があるのです。これで固くなった便を柔らかくして少し気張れば排出されるようになります。腸管に水分が多くなるので宿便も排出することができるというメリットがあります。このタイプの便秘薬は漸次的効果のものと即効性のあるものがあり、必要に応じて使い分けると良いでしょう。便が固くなる症状というのは大人というよりも子供によく見られます。子供がトイレからなかなか戻ってこない場合は処方してあげると良いです。ただし、医師に相談してから行うことです。ちなみに、もともと下痢や軟便の人にはおすすめしません。